抗生物質の系統と有効な使い方や使用時に注意すること

抗生物質は体内に侵入した細菌を殺す働きがあるもので、その細菌だけをターゲットにしていくために、的確な効果が得られる薬です。
しかし、その一方で、有効な使い方をしたり、注意しながら使う必要もある薬です。
抗生物質を使うときにどのようなことに注意しなければならないのでしょうか。

抗生物質について知ること

抗生物質にはさまざまな種類があります。
例えば、ペニシリン系や、マクロライド系、セフェム系などです。
病院で診察を受けて、ドクターに勧められた、飲むように言われた、だから飲む、というような使い方ではなくて、どんな理由と効果、リスクがあるのかを理解した上で飲むことが大切です。

そのためには薬剤師などに詳しく聞くことも大切です。

セフェム系の抗生物質とは?

代表的な抗生物質の系統の中でもセフェム系は良く使用することがあります。
細菌の細胞壁合成を邪魔することで、細菌が生存できなくなります。

少し歴史を見てみると、セフェム系の抗生物質は第一世代から第四世代まであり、第一世代の薬から徐々に世代を重ねるにつれて研究と開発が進んでいて、第四世代では、ほとんどのデメリットが解消されるようになります。
言い換えれば、第四世代の薬は、第一世代と第三世代の薬の良いところ取り状態になっています。

病院に風邪などの症状を訴えて処方されることが多いのは、第三世代の薬で、フロモックスやメイアクトなどの名称で処方されることがあります。

抗生物質の種類や注意点

抗生物質の種類や注意点はいろいろなものがありますが、やはり、正しい知識をもって正しく使用するということは非常に大切なことです。
効果や副作用も正しく理解することで自分自身も安心して使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


    おすすめ記事