抗生物質と抗菌薬の違いと役割と効能、使い方について

抗生物質は大抵の大人の方なら1回くらいは聞いたことがあり、病院で処方されたことがあるものです。
風邪をひいたり、その他のなにかの病気になったときに、ドクターから抗生物質を出しておくと言われることもあったはずです。
その抗生物質は抗菌薬と少し似ていて同じようなニュアンスを感じますが、実際はどうなのでしょうか。
また抗生物質の重たる役割や効能はどんなものがあるのでしょうか。

抗生物質と抗菌薬はどう違うのでしょうか?

薬の分類でいうと、抗菌薬という大きなカテゴリが存在していて、抗菌薬は幅広い対応ができる薬という認識があります。
抗生物質はその抗菌薬の範囲の中のもので、小カテゴリのように存在していて、主に細菌に対して効果がある薬です。
大元を考えると抗菌薬に分類するのですが、厳密に言えば抗菌薬の中の抗生物質ということになります。

またもう1つあり、抗生物質は微生物が生産した化学物質だけで作られていて、抗菌薬は人工合成物質と微生物が生産した化学物質の化合物として存在しています。
そのため細かいところまで言えば、親戚のような関係性はあるものの、別物という認識が正しいと言えます。

抗生物質の役割とは?

抗生物質には役割があります。
それは細菌による感染が起こったときに、その細菌を殺すという役割があります。
殺すと言っても生々しいものではなくて、細胞レベルで細菌が存在を維持できないように細胞壁を壊したり、たんぱく質を壊すといった役割を担います。

細菌の方から見れば、よく似ているけれども全滅に追い込まれる嫌な存在というところでしょうか。
弱点を握られているようなものなので、ひとたまりもないと言えます。

抗生物質の効能とは?

抗生物質は先にも触れたように、感染した有害な細菌を殺す働きがあります。
それは、抗生物質を飲めば飲むほど、または投与するたびに効果を感じられるもので、指定された回数や日数を飲むと、その効果を実感できるほどです。

仮に細菌感染によって喉が痛いなどのように炎症が起こっていた場合は、その炎症も日を追うごとに改善していくことを自覚できて、全快します。
このように薬の効果を実感できるところ、日に日に炎症の改善がみられるという効能があります。

ここで注意しなければならないのは、抗生物質は炎症を抑えるための薬ではなくて根治するための薬だということと、正しいドクターからの処方、指示、指導の下で使用することを厳守することです。

抗生物質は気軽に飲む薬ではない

抗生物質は、市販されている風邪薬のように気軽な感じで誰でも飲めるという薬ではありません。
多少なりとも副作用の可能性がありますし、抗生物質は特定された細菌を殺すという明確な役割を持っている薬なので、用途が合わない場合などは飲んでいる意味を発揮しません。

仮に風邪をひいた場合にさまざまな感染症の可能性を予防するために抗生物質を飲むことはあっても、頭痛のために抗生物質を飲むということはほとんどありません。
頭痛には頭痛薬を飲むようにして、抗生物質を避けることもあります。

抗生物質はあくまでもターゲットとなる細菌を殺すことが目的で、その細菌が人間の体の中で増殖しないようにするためのものです。
みだりに使用することで、体内の細菌に耐性を作ってしまうことにもつながります。
そういったことを無くすためにも、ドクターの指示通りに使用して、適切な使い方をすることを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 2017.07.25 | 役割

    抗生物質は風邪にも処方されることがあるけどウイルスにも効くの?
    抗生物質は風邪をひいたときにも処方されることがありますが、本…
  2. 2017.07.25 | 注意点

    抗生物質の副作用の種類と相互作用で起こる症状について
    抗生物質の中でもセフェム系の抗生物質は副作用が他のものと少し…
  3. 2017.07.25 | 注意点

    抗生物質の耐性菌ができる理由と耐性菌を作らない方法
    抗生物質は細菌に対して効果がある薬、つまり体内に侵入した細菌…
  4. 2017.07.25 | 注意点

    抗生物質の系統と有効な使い方や使用時に注意すること
    抗生物質は体内に侵入した細菌を殺す働きがあるもので、その細菌…

カテゴリー

アーカイブ